プロフィール
株式会社 アーカイブ
株式会社 アーカイブ
34歳で起業し、現在47歳。
おかげさまで13年周年になりました。
14期目に突入!!
社員みんなで楽しく盛り上げていければと考えてます。
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人

2018年09月27日

退学という選択肢

「大卒」になれなかった人たちの就活リアル
https://toyokeizai.net/articles/-/239493
・・・東洋経済

20年前になりますかね、
とあるところで知り合った人に出身大学を聞かれ、
答えたことろ、
「俺、その大学を1年で退学しているんだよね」
と返された。
彼(僕より1周りくらい年上)は先輩だったのです。

彼は、親の援助が受けられず、大学を中退するしか
選択は無かったのだそうです。
その後、スキー場で住み込みアルバイトを行い、
そこで出会った人達と沖縄に渡り、
海の家のアルバイトを行うことに。
その後、ハワイに渡ったり、サーフィンで全日本6位になったりと
色々なことを経験した彼ですが、
知り合った時には数店舗の飲食店を経営する経営者でした。

「俺、大学卒業したかったな・・・。」と彼はポツリ。
成功している人でも、過去の後悔はなかなか消えないものなのか、
と思いました。
それだけに、「行けるのに学校行かない奴はむかつく!」と、
彼の採用にも影響するのが退学という選択なのです。

退学者を救済できる世の中でないとダメだと思います。
しかしながら、生きること自体大変なのですから、
甘えて生きていくことを選択してしまう若者に
明るい未来は待っていないと思います。

自分を支えてくれるのは、最終的に自分だけですからね。。。  
Posted by 株式会社 アーカイブ at 19:55Comments(0)もろもろ・・・

2018年04月28日

老人ホーム見学

ゴールデンウィーク初日ですが、
朝から老人ホーム見学&説明会に行ってきました。
祖母を入居させる施設の選定中なのです。
といっても、候補は2つに絞られています。

先日見学に行った施設Aでは、
とても流ちょうに説明して頂ける、
分かりやすく、信頼のおけそうな方でした。
施設もリフォームしたばかりでキレイでした。

本日見学に行った施設Bでは、
説明を聞きに行ったのに、説明が苦手なのか、
分かりにくく、こちらが質問をしまくる結果で、
担当者は早々に太刀打ちできず、
看護師である施設長を呼びに行くことに。

費用負担はあまり変わらず、
やってもらえる内容もほとんど変わらず
(費用が同じなのだから当たり前ですが)、
物理的に違うのは、
施設A=遠い(家から4K)キレイ 見晴らし悪い
施設B=近い(家から500M)古い 見晴らし抜群
という感じ。

母、妻と3人で見学に行きましたが、
決定権は母にあります。
ただ、私と妻の意見は全く一緒で、
施設Bが抜群に良い、です。

理由は、
施設Aで気持ちよく対応してくれた担当者さんは
抜群に良いのですが、他の職員さんと挨拶は皆無でした。
施設Bの担当者さんはイマイチだったのですが、
他の職員さんは教育がしっかりされているのか、
挨拶は通る方全員が感じ良く、しっかりされていました。

物を言えなくなってしまっているお年寄りを預けるにあたり、
教育されていることや細かい配慮が出来ているかなど、
家族としては職員のレベルを見てしまいます。
施設の見た目やサービス内容だけではないことで
判断されるわけです。

挨拶、お金にもならないし、しても変わらない、
やることをしっかりやっていればいい、
とは思いますが、その上で、
挨拶一つで感じられる無形のサービスが
選ばれるための重要な要因だったりするわけです。
逆に言えば、挨拶なんてお金がかかるわけではないのだから、
どんどんしてしまえば良いわけですよ!  
Posted by 株式会社 アーカイブ at 12:22Comments(0)もろもろ・・・自分自身について

2018年04月16日

ブログタイトル

先日、ブログタイトルを修正しました。

「社員のための会社作り そして、社員の家族のための会社作り」
にしました。

理由は、社員(エンジニア)のため、社員(エンジニア)ファースト、という、
ことを言う会社が増えたからです。
弊社は13年前から社員のための会社作りを謳っておりますが、
ブラック企業の台頭?で、上記の表現をする会社が増えたと思ってます。

ただ、その会社の資料を見てみると、
本当に社員のためなのか?甚だ疑問になるのです。
社員を大事にしていますという社長はもっとたくさんいます。

でも、その本質は、社長(会社)のために社員を大事にしているのであって、
本質的に社員を大事にしているとは思えないのです。

そこで、僕も13年も同じことを言ってきたわけですが、
そろそろ次なるステージになっても良いかと思い、
社員の家族のための会社作り、という言葉も追加いたしました。

ちょっと長すぎなので、短く変えることはあるかもしれませんが、
まずは今以上の家族のための会社を考えていきたいと思います。  
Posted by 株式会社 アーカイブ at 18:22Comments(0)会社のこともろもろ・・・自分自身について

2018年03月01日

裁量労働制拡大は撤回か・・・

裁量労働制拡大は撤回のようですね。

そもそも、裁量労働制ってものを
みんな分かってないんじゃないですかね。
ま~、僕も分かっていないのかも?ですけど。

裁量労働制にするなら、
評価というものをしっかりと出来る会社でないと成立しません。
評価が出来ないのに、仕事の成果で仕事をしたことにする、
なんて出来るわけないのですから。
中小企業の社長あるあるで、
「俺なら、同じ時間でこれだけできる」「昔はこれだけやった」
などという、自慢オンパレードの朝礼があったりします。
社長の基準で裁量労働制は出来ないでしょう。

そもそも、評価が出来ないからブラック企業があるのです。
もう少しいうと、評価したくないのでしょうね。
給与が上がってしまうから。

裁量労働制を法で整備するってこと自体、
おかしな話だと思ってます。
そもそも裁量労働制にするときのシチュエーションを考えてみましょう。

出来る社員にやめて欲しくない会社が、
いろいろな条件を考える中、給与をあげることが出来ずに
提案するための仕組みだったりしませんでしょうか?

時短で働かないとならない主婦に、
時給という支払い方ではない方法を提供し、
やりがいやパフォーマンスを上げるためだったりしませんでしょうか。

その会社で働いたこともないのに、
裁量労働制なんて使えるとは思えません。
最初は必ずブラック企業になってしまいます。
仕事なんて出来ないのですから。

裁量労働制で働いている社員がミスして損失だしたら
どうなるんでしょうね。
いや~、全額賠償だったり?
ブラック中のブラック企業が出てきたりしそうですね。  
Posted by 株式会社 アーカイブ at 09:10Comments(0)もろもろ・・・

2017年12月22日

派遣社員と正社員について

先日、正社員の方が、
派遣社員よりも給与が低いなんて・・・、
という記事を読みました。

以前から言ってますが、
リスクがある派遣社員の方の給与が高いのは当然、
と考えてます。
正社員は守られているのですから。

とはいっても、
正社員だから労働力を搾取しても良い、
とは考えておりません。

人工知能やアウトソーシング、業務のシステム化によって、
現時点で給与が低いと思っている方々の
給与や働き口はもっともっと低下していくかもしれません。
これは、派遣社員でも正社員でも起こりうることです。

そんな時はどうしたらいいですかね。

今から資格を取って、武装しておきますか?
それも一つの方法ですね。
僕には無理ですけど。。。

例えば、皆さんがなりたくてもなれなかった職業に、
医者、歯科医、弁護士などあるでしょう。
確かに給与はいいかも知れません。
しかし、それらの資格者は、休日もいとわず勉強し、
日々変わっていく世の中のことに対応し続けています。
だから給与が高いのです。

派遣社員で働いていても、もちろん正社員で働いていても、
その会社で自分のできる仕事を増やしていくことも
一つの方法でしょう。
出来ることが増えれば、会社にとっても辞められるリスクが
高くなりる=給与を支払いたくなる、わけです。

我々ITエンジニアも同じです。
今の自分が持っている技術を、何も更新していかなければ、
いつか使えないエンジニアになります。
そうならないためにも、
普段から新しい技術を勉強していくしかありません。

どんな立場の人であっても、
サラリーマンからビジネスマンへの心の脱皮が
重要な世の中になってきたと感じてます。  
Posted by 株式会社 アーカイブ at 12:22Comments(0)もろもろ・・・会社のあるべき姿

2017年10月26日

報道

最近、本当に日本の報道があんまり好きではない。

先日、確か日テレで、
車の無謀な割込み運転を取材チームが乗った車が受けました。
っていうから、どんなかと思ってみた。
確かに、運転そのものは良くないですね。
警察が道路交通法違反で捜査するらしいけど。
取材という立場と言うなら、
道路交通法違反で検挙されました、
までやってほしい。

一番気になったのは、
怒っている運転手がおりてきて、
取材チームの運転手に、
「お前免許持っているのかよ?」
って言ったこと。

そして、
その取材チームが走行していたのは追越し車線だった、
ということ。

車運転のルールの観点からみると(実際違っていたらごめんなさい)、
取材チームの車は通行帯違反ではないのか?
ということが気になる。
なので、トラブルになったところだけを放送するのではなく、
その前の状況に関しても具体的に報道し、
トラブルにならないようにはどうするか、
車運転の法規はどうなっているか、
そういったことを報道してほしいわけです。
ちなみに、車は走行車線側から追越しすることは出来ません。。。

同様に、今回の選挙、
終わってから小池さんがたたかれていますね。
排除、そんなに悪いですかね。
作ったばかりでこの結果なら、出だし順調ではないのですかね?
それが負けたような報道。
確かに野党第一党にもなれなかったけど。
僕は数合わせで入れた議員が小池さんの足を引っ張るくらいなら、
排除、で良かったと思いますけどね。
そんなに小池さんを負けた風に持っていきたいのですかね。。

人間的感情が入ると、曲がって伝わりそうです。
いつの日か、AIニュースなるものが出てきそうです。  
Posted by 株式会社 アーカイブ at 09:06Comments(0)もろもろ・・・

2017年10月12日

私立高校の授業料無償化?

今更何を言っているんですかね。。。

私立高校の授業料無償化とか、
やるならもっと早くやれば良いのに。
選挙の時に言い出すのでは、気持ちが付いていかないです。
自民批判をしたいわけではないです。
勝ちたいからという政策では薄っぺらいといいたいのです。

少し前に話題になっていましたが、
夏休みを分けて取ることが出来る政策とか、
ほんとにいるの?
ゆとり教育やプレミアムフライデーにも見えるように、小手先の政策では、
かえって混乱するだけですよ。
プレミアムフライデーなんて、もう終わってますよね。。。

そんなことより、

土曜日に祝日が重なったときには、
金曜日を振り替え休日とする。

認可している「学校」に通った場合には、
授業料を所得控除できる。

みたいな、誰もがいいね!って思えそうなことを
まずはやってくれないかな。

働き方改革なんて、たぶんダメですね。
そもそも改革しなくちゃならないのは、
会社の制度でなくて、
経営者の頭の中なんだから。。。  
Posted by 株式会社 アーカイブ at 09:58Comments(0)もろもろ・・・

2017年06月26日

豊田真由子議員

すごいパワハラですね。
暴力もですか…。
働き方改革も真っ青ですね。

支援者には良い顔をしていて、
議員仲間や党にも良い顔をしていて、
身内には酷い対応をしている。

そんなチームで、
支援者や党、同僚議員に響く、
政策などが出来ると思っているんですかね…。

100倍頭がいいと言ってるようですが、
それが本当でも、
自分一人では何も出来ないのです。

支援者よりも、チームのメンバーを大切にする、
ということがまずは先ですよね。
チーム内に敵を作っても意味がありません。

議員辞職に追い込まれるかもしれませんね。
一番大切だったはずの議員を辞めることになって、
やっと気がつくのでしょうね。
それでは遅いのです。

人の気持ちを考える。
絶対忘れてはいけないことです。  
Posted by 株式会社 アーカイブ at 00:30Comments(0)もろもろ・・・

2017年06月06日

就活四季報

就活四季報

なかなか扁桃炎が治らないですね。
疲れまくってるのかな??
養生します…。

先日、求人での注意点などをまとめた記事をよんでたのを、
たまたまメモしてましたが、それが就活四季報の内容でした。
アルバイトさんから就活四季報の話が出たので思いだし、
早速買ってみることに!

僕が就活するときにはなかったと思うのですが、
まるで高校や大学を選ぶような感覚で会社を選べるようになっていてビックリ。
子細なデータがあるのは良いのですが、それはどうやって出してるんだろ?
嘘とかないのかな?
とか、いろいろな視点でみてみました。

次の求人で活かそうと思ってます。  
Posted by 株式会社 アーカイブ at 09:27Comments(0)もろもろ・・・

2017年04月19日

大学生のデモ

先日、北海道で賃上げのデモがありましたね。
僕自身は、大学生含め、賃金を会社が見直すべきだ、
とは考えていますが、
安易な最低賃金のUPは反対です。

そもそも、最低賃金があがるだけで
他の経済に何ら影響がないのでしたら、
最低賃金を上げるというのもありでしょう。
しかしながら、最低賃金を上げるなら、
世の中の物価が賃金上昇以上の上昇につながるかもしれません。

飲食店のアルバイト時給が、
900円でいっぱいいっぱいだったお店が、
1500円支払わないとならなくなったら、
潰れるかもしれない覚悟を持ちながらも、
提供するメニューの価格に転嫁します。

今まで900円で提供されていたメニューは、
1500円になるかもしれません。
なぜなら、その他の食材のコストも同様に上がるからです。

僕自身は、大学生の時にアルバイトに真剣に取り組んでいたので、
それが今の僕の経営に大変役立っています。
大学生が取り組むべきアルバイト(インターン含む)が
世の中に埋もれていると思うので、
そういったアルバイト(仕事)の発掘に
世の中が動いてくれるといいですね。

弊社のアルバイトは他社さんとはもろもろ違うようです。
でも、僕はその違いがよくわかっていません。
わかる必要もないですが、他社と比べて行動を変えるのではなく、
自分自身が最適だと思えることをやるだけです。

シニアを活かすということに目を向けている会社は多そうですが、
大学生の活用も考えた社会になって欲しいですね。  
Posted by 株式会社 アーカイブ at 16:28Comments(0)もろもろ・・・

2016年10月17日

法律違反?

最近、未成年の飲酒が問題になってますね。
未成年が飲酒したっていい!とは思ってません。
北村弁護士が、昔は未成年者の飲酒が問題にならなかった、
と発言してネットで話題になってもいますね。

僕らの学生時代も、普通に飲まされてました。
飲みたくなくても。
体育会系の話なんて聞くと、もっと酷かったです。

未成年者の飲酒はダメなわけですけど、
それを違反したからといって、
飲酒した本人は何ら罰則規定がないわけです。
お酒を提供したお店は罰則規定がありますね。

これがおかしな原因だと思うのです。

罰則規定がないなら、
仮にバレても問題ない、
と考えるからです。

罰則規定があればいいというものではありませんが、
無いのでしたら抑止力もあまりはたらきませんね。

ブラック企業と言われている会社が蔓延る原因も、
そういうことなのかもしれませんね。
大概のニュースは、払わなかった分の残業代を請求されて支払っている、
つまり、請求されて当然のお金を払っているだけです。

企業からしたら、大儲けするはずが、とんとんになったってことです。
個人からしたら、大損させられたけど、とんとんに戻ったってことです。

法律で縛られるのは息苦しいですが、
ブラックな会社が生き残れない世の中になって欲しいですね。  
Posted by 株式会社 アーカイブ at 10:35Comments(0)もろもろ・・・

2016年10月13日

オリンピックの施設問題

オリンピックの施設問題

オリンピックの施設問題が、最近話題ですね。
豊洲の問題もありますけど、それはまた書きますね。

こういう問題がでるとき、一番に思うのは、
自治体ってお金あっていいなー!です。
予算が50億円から51億円になっても、
しょーがないじゃん!で済みそう。
そもそも、ボート施設の予算は6倍くらい?
競技場の予算も何倍にもなってますよね。
自分の家を建てるのに予算オーバーしたら、家建ちませんよ。
増えたぶん、ローン増額も無理だろうし。

確かに、材料代が値上がりするなど、
予算の追加はありえますよね。
でも、材料以外のお金が計上されていくのは、
そもそもの計画がおかしいですよね。
会社なら倒産してます。

オリンピックは、競技毎に開催国を決められても良いような気がしてます。
一国で対応できる競技数では無くなってきてますからね。

競技毎に収支計算が合うように計画すべきなので、
ボート人気がない日本でお金をかけすぎるのは疑問です。

いろんな会社で2020年に向けて動いていて、
そこまでの収支は合うのでしょうけど、
その後の収支も気にしていきたいですね。  
Posted by 株式会社 アーカイブ at 11:09Comments(0)もろもろ・・・

2016年08月19日

プレミアムフライデー

政府が月に一回のプレミアムフライデー(15時退社)構想をしていると
報じられましたね。
会社勤めの人にとっては、ありがたい話ですね。
家族と一緒にいる時間が長くなると、
良いことも増えそうです。

月に一回がいつなのかを国が指定するようでしたら、
飲食業界にとっては脅威ですね。
会社帰りに飲みに行くってことが、月に一回は消滅しそうです。

そこを良くとらえると、
15時に終わってから飲みに行く文化を構築することが出来れば、
逆に飲食業界も盛り上がるかもしれませんね。

世の中のルールが変わると、
ビジネスに直結するものですからね~。
どうなるのか、楽しみにしてます。  
Posted by 株式会社 アーカイブ at 09:48Comments(0)もろもろ・・・

2016年08月18日

最低賃金

先日、最低賃金が大幅アップされるというニュースがありました。
大幅ってことに、ついにきたか!と思ったビッグニュース!

大幅っていくらだ?
って思ったら、
30円。。。

東京の最低時給が900円くらい。
なので、
930円くらいになる
っていう話です。

3%くらいのアップですね。
それって、大幅なんですかね?
今までに比べたら大幅かもしれないですけど、
大幅ってことにはならないような・・・。

主婦を引っ張り出す作戦かもしれませんが、
そんなことを考えるより、
いくら働いても、
扶養控除は受けられるようにしたり、
年金は第三号に入り続けられるようにしたり、
社会保険の扶養にも入れるようにしたり、
という仕組みを作ればいいのに。

年金も社会保険も、得する部分は残して、
超えた分だけを追加で払ってもらう仕組みにすればいいのに、
と素人の僕は思ってしまう。

それでも、主婦を最低賃金で働かせる仕組みには
賛同できないのですけどね。。。  
Posted by 株式会社 アーカイブ at 09:25Comments(0)もろもろ・・・

2016年08月10日

天皇陛下の生前退位

天皇陛下の生前退位が課題になってますね。
新元号もどうするのか?ということになっているわけですが、
和暦を使っているのは行政関係だけになってきていると感じてまして、
会社などでは西暦を使うことが多くなってきていると感じます。
ビジネス上では、和暦はいらないですね。
本当にめんどくさいです。

ただしー、
このめんどくさい制度のお陰で、
システム屋は仕事が増えます。
業界としてはありがたい制度です。

昭和生まれの僕としては、
平成と西暦の対照表をみるのが億劫なのですが、
ここに新元号が加わると、
さらに頭が混乱しそうです。  
Posted by 株式会社 アーカイブ at 02:07Comments(0)もろもろ・・・

2016年08月01日

育児休暇取得率向上?

政府は、
男性の育児休暇取得率向上を目指してるらしい。
2020年に13%?
今は2%くらい。
なんでも、小規模事業者の取得率があがらない
ということが問題?のような報道でした。

さて、男性が育児休暇を取得することは、
なんの解決になるのでしょうか?
奥様の負担軽減?
もちろん負担軽減になります。
しかし、実際は家計の圧迫にもなります。
働いてないのだから、
収入が少なくなるのは仕方ないとして、
収入が少なくても家計が維持できるのかは、
別の問題です。

そもそも、給付金の上限がありまして、
28万円くらいです。
所得税がかからない、
社会保険は払わなくてよい、
住民税の対象にもならない、
けど、
月収100万円の人であっても月に28万円しか
給付されない。
給付額マックスの月収は40数万円です。
収入が少ない人は、もちろんもっと少ない額しか給付されません。

この給付金で問題ない人自体、
そんなにいないはずです。

年収が高い人=働いた方が稼げる
年収が低い人=給付金では養えない

もちろん、給付金の上限を安易にあげるのは、
詐欺とかも出来そうだから反対です。
それよりも、自宅で仕事する人を対象に
給付金を出すような仕組みが、
本当は必要なのではと考えます。
出勤はしない、
仕事はする、
よって、
所得の総額は変わらない、
奥様は育児負担軽減になる、
ということです。

育児休暇をとれば幸せになる?
幸せになる仕組みを考えないとですよね。  
Posted by 株式会社 アーカイブ at 18:06Comments(0)もろもろ・・・

2016年01月07日

育児休暇

今、国会議員が育児休暇を取るとか取れないとか
いろいろと話題になっていますね。

男性が育児休暇を取ることには、
何ら反論はありません。
もともとそういう制度があるので、
それを使うのかどうかは本人次第です。

ただ、それは、育児休暇を取得しようとする人が
会社員である場合です。

簡単に言えば、
社長である僕が、育児休暇を3年取得したらどうなるでしょう?
実際に取得したら、会社はメタメタになるかもしれません。
引き継げる人が今はいませんし。

大きい組織で考えてみましょう。
カルロス・ゴーン社長が育児休暇を主張したらどうなるでしょう?
間違いなく、取締役は解任されるでしょう。
そして、育児休暇を明けても、彼の戻る場所はないはずです。

このように、制度があっても、
立場から取れない人
組織存続のために取れない人
という人が存在するわけです。
実際には、会社員である人の中にも
そういったことを考えて取得しない人がいると思います。

それを国会議員が、
世の中を正していくという姿勢はアリだと思います。
しかし僕は、国会議員が育児休暇を取得することには
賛成しきれません。
理由は、その国会議員を選んだ人の一票はどうなるのか?
を国会議員が考えてなさそうだからです。
僕なら間違いなく、次の選挙でその国会議員には投票しません。
次の選挙より子育て優先というのは、個人の判断です。
選ばれた議員は会社員と同じでいいのでしょうか?
そういったことまで含めて、計画性をもって
立候補すべきではないでしょうか?

僕は、計画性をもてなかった国会議員には賛成できません。
国会議員は、国会に出ることで、国民のためになるのですから。
何のために国会議員になったのか?
国から給与をもらうためではないはずです。  
Posted by 株式会社 アーカイブ at 10:35Comments(0)もろもろ・・・

2015年09月18日

食っているって表現

大変ご無沙汰になってしまいました。
社員から怒られそうです。

社員から、冊子についてブログで情報公開して欲しい
といわれたので、近々するつもりです。

今日は、最近少し考えてしまう表現の
「今はこれで食っている」っていう表現について。

どうも最近、この表現が好きではない。
なんで好きではないのか考えてみました。

理由は簡単でした。
社長が使っているのが気に入らなかったみたい。
個人事業主の方が使っているのは抵抗ありません。
ただし、社長の方々がそれを使うと、
どうも違和感があるんです。

会社って、ひと もの かね で動いているわけで、
その中にひとがいるわけなのですが、
なんとな~く、ひとを締め上げても食っていける立場の
社長が言うのに、違和感というか、拒絶というか、
感じてしまうんですよね。
同様に、飯の種とかの表現も好きではない。

こういうビジネスやってます!ってだけで
いいような気がするのですが、どうですかね?  
Posted by 株式会社 アーカイブ at 14:35Comments(0)もろもろ・・・

2015年06月05日

年金

先日、高額所得者は年金を需給できない、
とすることを検討していると出ていました。

なんてことでしょう。
高額所得者は、年金を納めなくなる、
なんてことは考えないのでしょうか。

タバコ税を上げるときもそうでしたけど、
声が少ないとこをから攻めるのはどうかと思います。

それよりも、もっともっと抑えないとならないとことが
たくさんあります。
先日も大学で話をしましたが、
社会保障全体が破綻して当たり前のシステムです。

政治家もわかってます。
でも、票が欲しいから誰も口に出しません。
苦しむのは、今のお年寄りだから。
もちろん、これから年寄りになる私たちも対象です。

そういうことを実行するかっこいい政治家が
出てきて欲しいものです。

日本の今の取り合えず明日を生き抜く論理ではなく、
未来を見据えた論理が重要ではないかと。

ま、会社経営も一緒ですけどね。  
Posted by 株式会社 アーカイブ at 11:37Comments(0)もろもろ・・・

2015年05月18日

大阪都構想

大阪都構想・・・否決されましたね。
否決の主因は、60代以上の方々からの信任がなかったからです。
先日、どこかの市町村で、
未来の若者にも投票させるという趣旨で、
20歳未満の方にも投票させるということで話題になりましたね。
大阪都構想が良いか悪いかは別として、
未来のある若者の意見が通りにくいのはどうなんでしょう?

たった1万の差で、否決されたわけです。
誰も見たことの無い世界を創ろうとして、
見る事を最初から拒否されているような気がするのは
日本という国を動かそうとしている政治家の
モチベーションを削ぐ結果になりそうです。

ま~、もちろん、橋本さんが嫌いだから、というだけで
反対票を投じた人もいるでしょう。
そういうこともコントロールしないとならないのは
政治家の大変なことなのかもしれませんが、
たった1万票で結果が変わってしまう、
多数決の怖いところですね~。
  
Posted by 株式会社 アーカイブ at 12:29Comments(0)もろもろ・・・