プロフィール
株式会社 アーカイブ
株式会社 アーカイブ
34歳で起業し、現在45歳。
おかげさまで11周年になりました。
12期目に突入!!
社員みんなで楽しく盛り上げていければと考えてます。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人

2009年07月17日

転職の期限

今は自ら転職する時期ではない。
景気が回復していない今転職しても、
自分が思う仕事にはなかなか就けないだろう。
本来、景気が良い時に転職すべきなのだ。
人手不足といっている時期が一番良い。

もちろん、年齢も重要。
転職するなら20代までが限界だろう。
転社(職は変わらず、会社をかえる)なら35~40才くらいまでかな。
その後はやっぱり苦しくなる。

いつの時代も、この辺を意識せずに、
ただただ毎日を過ごしている人が多いのに驚く。

学生時代、周りに合わせていれば、なんとなく過ごしていても
きちんと卒業できた。
進学する際も、就職する際も、なんとなくみんなと同じような
道を選択していれば何ら問題なかった。

社会人になっても、
フリーターがたくさんいる世の中、自分もフリーターで良いやって
思っている人もいるかもしれない。
フリーターでいることに危機感を持っている人もいるかもしれない。
分かりやすくフリーターを例に出したけど、
フリーターに限らず、どんな職業に就いていても、
危機感は持っていないと将来のどんでん返しに対応できなくなる。

10年前、終身雇用が終わりをつげた時期に40代後半を迎えた人たちは
苦しんだ人が多かったのではないかと思う。
終身雇用は、危機感を持ちにくい制度だからだ。

では、今のこの時期、そんな先輩方を見ていたはずの
40代後半の人はどうか?というと、同じような状況に
陥っている人が多い。

30代の人たちも、どこまで意識しているんだろう?と考えてしまう人がいる。

20代の人たちも、将来を考えているのか?と疑う人がいる。

どんな人であっても、タイムリミットは40歳くらいまでだ。
僕も来年40歳になる。
10年後の「笑っている僕」を目指して、今やるしかない。  
Posted by 株式会社 アーカイブ at 09:27Comments(0)