プロフィール
株式会社 アーカイブ
株式会社 アーカイブ
34歳で起業し、現在45歳。
おかげさまで11周年になりました。
12期目に突入!!
社員みんなで楽しく盛り上げていければと考えてます。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人

2011年02月23日

ドラッカーと僕・・・その2

先日、幼稚園以来の親友と飲みにいった。
この親友が結婚することになったのでそのお祝いに。
その席で、
親友は何度も学級委員などクラスを纏めることをしていたのに対し、
僕はまったくそのような役職を任される事はなかった、
ということで話題になった。
当時は、クラス全員、僕が人を纏めるような人物だとは
思わなかっただろうし、僕も思わなかったからだ。
そんな人間が今「社長」という職をやっている。
実に不思議だ、という話だった。

言われてみれば…、確かに。

会話をしてみてわかったのは、
僕は人の上にたつことはしていなかったが、
人を良く見ていたようだ。
誰かがリーダーになったとき、ある人は上手くまとまるけど
他のある人がリーダーのときには上手くまとまらない、
勉強が出来たって運動が出来たって纏めるのが下手な人もいれば
どっちも得意ではなくても纏めるのが上手いもいる。
細分化されたグループ単位でもそういうことが起こるわけだけど、
いつでも僕はリーダーにはなったことはない気がする。
でも、いつのときでも、リーダーが、
どういうときに失敗して、
どういうときに成功するのか、
その言動を見ていたということに気がついた。

成功体験は真似して、
失敗体験は反面教師にすればいい、
僕のマネジメントの根幹は、これだけ。
マネジメントの講義を受けたわけでも、
本などを読んだわけでもない。

そんな僕でも、ドラッカーのマネジメントに関しては、
一度軽く目を通そうかな~と考中。

つづく・・・  
Posted by 株式会社 アーカイブ at 10:17Comments(0)☆社員のためのしくみ☆

2011年02月22日

ドラッカーと僕・・・その1

「社員のための会社作り」
“会社の一番の財産”である社員のために、
力の限りを尽くして邁進していく。
「社員満足度100%への挑戦」は、永遠のテーマです。

って言い出したのは、6年前からなのだけど、
何もドラッカーに触発されたからではない。
僕も、もしドラを先日読んだ。
ドラッカーに関する書物は初めてだった。

ドラッカーは、「人こそ最大の資産」と言っているんですね。
これにはもちろん一緒の考え。
ただ、そういうことを本に出している人がいるとは思わなかった。
な~んか、「社員のための会社作り」っていうタイトルは、
ドラッカーの本を読んだ人からは、
それは当たり前じゃん!って言われそうだ。

とはいっても、もちろん、弊社の理念なので、
今さら変えるつもりもない。
さらに、他社がそれほど「人こそ最大の資産」と思える
経営をしているとは考えてないし。
そういう会社があったらあったで当たり前のことだし、
すべての会社がそうなったら、それはそれで嬉しいし。

ドラッカーの本に書かれているマネジメントについては、
どういうわけか僕も知らず知らずにやっていることが多々あった。
だからこそ社員辞めずにいるのかもしれない。
でも、最初からそういうことを考えられたわけではない。

つづく・・・  
Posted by 株式会社 アーカイブ at 14:01Comments(0)☆社員のためのしくみ☆

2011年02月21日

会社作り

このブログへのアクセスで、
弊社ホームページから来た人と、
ドリームゲートから来た人を除くと、
一番多いのが「会社作り」で検索し、そこから来た人だと
初めて知りました。
もう少し、自分のブログのアクセス記録を見るべきだったかな^^;

そして、これもはじめて知ったのですが、
「会社作り」でYAHOOやGOOGLEで検索すると、
このブログが一番にヒットするんですよ。
まったく会社作りの説明なんてしてないのに、
ほんと、そこからリンクしてきた人には申し訳ないです^^;

でも、でも、でも、
「会社作り」で一番って、ある意味すごくないですか?
「アーカイブ」で検索しても弊社は一番にはならないのに。
「株式会社アーカイブ」で検索すれば一番ですけどね。
それは、同名の会社がほとんど無いのだからある意味当たり前だし。


ということで、
会社作り(会社の登記)について少し。

会社は、公証人役場にて定款の認証を受けて、
その後、法務局に設立届けを出す!
これで終わり。
登記の後に、税務署や都税事務所に届出が必要です。

ここでこれから定款認証を受ける人にちょっとアドバイス。

自分で会社登記すれば、
20万円ちょっとで設立できます。
司法書士に頼めば、すべてお願いして40万円くらいかな。
ネットでは安価に請け負ってくれるところもあるみたい。
そこを使えば25万円くらいかな。
そこを使うなら、提出は自分でやらないとならないけど。

で、自分で動くと良く分かりますが、
はっきりいってめんどくさいです。

法務局の人も、事前に書類に目を通してくれているのに、
後でこれを直せ、これも直せと言ってきます。
出しても出しても。

定款認証についても同じ。
公証人がいろいろとダメ出しをしてきます。
出しても出しても。。。

ほんと、根気が要ります。
法務局や公証人役場が駅の目の前ではないと思うので、
ダメ出しをされたときの疲労感は半端ではありません。

それでも、登記できたらそんな苦労は忘れます。
後は事業に邁進するだけですから^^  
Posted by 株式会社 アーカイブ at 00:53Comments(0)会社のこと

2011年02月19日

妄想・・・その3

自分が権力者になったら、という妄想・・・

税金、、、
支払いたくないですよね。
払った金額の大小で、何も変わらないから払いたくない。
そう、何も変わらないから払いたくないのだ。

そこで、払った金額の大小で公共サービスを
変えてしまえばいい。

たとえば、
納税額5000万円以上の人は、
定期的に警察が自宅を巡回してくれる。
子供の給食費や学費なんてもちろん無料。
保険証の色も、プラチナ。
医療サービスも最上級で受けられる。
モンスターペアレント級の意見を役所や学校に進言できる。
子供が文科省の大紋入りゴールドランドセルを授与される。
投票権が10票ある。
などなど。

そして、
納税額1000万円以上の人は、
子供の給食費や学費は無料。
保険証の色は、ゴールド。
医療サービスは、そこそこ良い待遇。
モンスターペアレント級の意見はいえないけど、
校長や市区町村長といつでも面談できる。
子供が文科省の大紋入りシルバーランドセルを授与される。
投票権が5票ある。
などなど。

納税額100万円未満の人は、
救急車は有料。
保険証の色は、ホワイト。
医療サービスは、今まで通り。
投票権は1票ある。
などなど。

納税額10万円未満の人は、
救急車は対応しない。
保険証は、おそらく無い。
死に掛かっていようと、病院は受け入れを断れる。
投票権すらない。
などなど。

ここで言った税金とは、
所得税、社会保険(健康保険と年金の個人会社負担分合計)、住民税
を合せた額だ。
国民健康保険に加入するだけで、10万円は超える。
ちなみに、弊社の社員は社会保険だけで全員100万円オーバーだ。
そんなに難しい数字ではない。
額面としては適当に考えたのだけど、
言いたいのは、こういうランキングがあって、
納税した損という認識にならないようにすることが大切ということ。
冠位十二階のように細かければ細かいほど良いかもしれない。
子供が階級制度のような影響を懸念する人もいるだろうが、
子供の頃から納税意識や競争意識が出るのは良い事だと思う。
そもそも、運動会で徒競走で順位付けすることすら嫌う意味が分からない。
生きていれば、いつか挫折するのに。

ま、そんなこと、昔は出来なかったろうけど、
コンピュータが発達した現在、
ロジックを組んでしまえばできないことはないでしょう。

という妄想をしてみましたが、どうでしょう?  
Posted by 株式会社 アーカイブ at 08:33Comments(0)もろもろ・・・

2011年02月18日

妄想・・・その2

自分が権力者になったら、という妄想・・・

もう少し社会保障に関して、、、

現在の医療制度では、
延命措置を施した後、
それを停止させることが出来ない。
殺人になってしまうからだ。
考えることはもちろん、
食べることも出来ず、
自分の家族も認識できず、
ただただ生かされるというお年寄りは、
年金で生きている。
施設の料金が、年金でぴったり支払えるくらいに設定されているからだ。

これに線引きをして、どこかで=死としたい。
もっともっと医学が発展してしまったら、
戸籍上200歳なんてことではなく、
実際に200歳なんて人まで出てくる可能性がある。

介護保険を払うようになったが、
介護保険の認定制度は面倒だけど、いい制度だと思う。
きちんと認定する人がいるからだ。
認定基準はこれからも精査していくとして、
死亡認定人というのが医師とは別にいてもいいかもしれない。

こういうことを書くと、人でなし、的な印象があるかもしれないけど、
お年寄りは生きたまま山に捨ててたんだよね、昔は。
さすがにそれは出来ないけど、
復活しない人より、これからの時代の人を優先したって、
何も問題ではないと思う。
それとも、今の年金の数倍払ってでも、
そういうお年寄りを生かしたいと思いますか?

残念だけど、僕ならそれは選ばない。

という妄想をしてみましたが、どうでしょう?

P.S.
どんな状況でも、受け取る年金額より多い額を納税されている場合には、
ご自由にどうぞ、という感じですけどね。
受け取る額より納税額が多いってことは、
年金は受け取ってないのかもしれませんけど。  
Posted by 株式会社 アーカイブ at 01:23Comments(0)もろもろ・・・

2011年02月17日

妄想・・・その1

都知事というか政治家について書いたので、
自分が権力者になったら、という妄想・・・

社会保障が破綻することに関して言うと、

全員を救えるわけではないけど、
食料+生活保護費を保障するけど、
尖閣諸島で暮らしてもらうって条件(仕事)とかを
与えるのも面白いと思うんだけどな。
断るなら生活保護も出さない。
それで20人くらい暮らしてくれれば、
尖閣諸島問題は日本人が住んでいる!
で解決じゃないだろうか?
住む人も、1年後にはそこそこお金もたまるんじゃない?

また、
仕事がない、という人には、
政府(国)が公共工事をどこぞの業者に発注するのではなく、
監督以下必要な人数だけ大手ゼネコンに発注し、
労働力を生活保護に頼っている人にやらせるのも面白い。
もちろん、断れば生活保護を出さない。
持病があって従事出来ない人の判断が難しいくらいだろうか。
技術とかも必要なのかな?そうなると厳しいか。

技術があまり必要そうでないものであれば、
北海道の荒野を耕して、農業に従事してもらうのもいいかもしれない。
完全出来高制で。
取れた分の作物でお金をもらえれば、誰も文句は言わないだろう。
そして、働くも働かないも自由だ。
国はお金をあげるのではなく、土地を貸せばいいだけだ。
もちろん、ある程度の範囲に一人という具合に
農業についての知識のサポートが必要ではあるだろう。

ということで、生活保護費を圧縮する!

という妄想をしてみましたが、どうでしょう?  
Posted by 株式会社 アーカイブ at 00:42Comments(0)もろもろ・・・

2011年02月16日

都知事

「ワタミ」の渡辺美樹会長が、
都知事に立候補するようだ。
僕は都民ではないので、一票入れることが出来ない。
是非ともがんばってもらいたい。
渡辺美樹会長の良し悪しは論ずるつもりはない。

当選すれば、
経営者が政治をやったらどうなるんだろう?
賄賂なんて手段が通じないお金持ちさんが政治をやったら
どうなるんだろう?
という、長年の疑問が解決しそうなのがうれしい。

残念ながら、創業者ではない人では難しい。
経営者としては優れているかもしれないが、
資産はそれほどないのではないか?と思えるからだ。
賄賂が通じない経営者は、創業者にこそ多い、と思う。

そして、
すばらしい成果があった暁には、
総理大臣もこういう人(経営者)がなって欲しい。
総理大臣なんかではなく、大統領制になってくれてもいい。
いや、大統領制ではなければ、選ばれることもないか…。
何なら、経営者党でも結成してくれてもいいくらいなのだけど。

2番じゃだめなんですか?何て小学生レベルの意見を言っている人ではなく、
瞬間瞬間でのギリギリの判断を迫られ続け、
それを乗り越えて成功してきた人の手腕を実感してみたい。


今のままでは社会保障が破綻するそうだ。
破綻するのが分かっていて何もできないのも事実。
破綻して良いわけ無いのも事実。
生活保護を受けて、働く気が無い人がいるのも事実。
生活保護を出さないわけにいかないのも事実。

こういうギリギリの判断(正解が今はすぐにわからない判断)を
してくれる人は現れるのだろうか?  
Posted by 株式会社 アーカイブ at 18:31Comments(0)もろもろ・・・

2011年02月15日

サラリーマン・・・その3

自分で生きる!

これが不安を解消するための唯一の方法。
会社に生かされているのでは不安は解消しないからだ。


僕が会社を立ち上げたとき、
何人もから、そういう会社は長続きしない、
失敗する、という話を頂きました。
僕自身、もちろん不安はあった。
でも、自信もあった。
一番を目指したからだ。

会社を立ち上げようと思うと、
嫌でも目・耳に入ってくるのが、
成功する会社、失敗する会社という内容の
テレビや雑誌、書籍だ。
そういう内容に敏感になっているからだと思う。
必ず言われるのは、
何かで一番であることを目指すということ。
日本一になる必要はない。
○○市で一番でも良い。
すごく限定された条件でいいから、一番であることを目指す、
それが成功へ道、ということを言われる。

そして、社員のことを考える会社として、一番を目指すことにした。

これが成功だったかどうかは、後25年くらい経たないと分からない。
経営から身を引く時期まで経営して、やっと分かる答えだから。
会社とは、もちろん、会社自身で生きている。
他の会社は助けてくれないのだから。


個人で考えよう。
誰かに人生のことを相談して、親身に相談に乗ってくれたとしても、
その相手は、あたなの人生について保証をしてくれるわけではない。
すべての選択は、あなた自身でするべきだからだ。
転職(転社)すべきか、そうでないかは、他人では分からない。
また、将来あなたがどうなるべきかなんてわかるはずはない。
だから、今自分が何をすべきか、あなた自身が考えるしかない。

周りを少し見てほしい。
自分の部署で、何か自分が一番になるものはないか?
それをクリアできたら、会社で一番になれないか?

そこでも一番だったなら、業界で一番になれないか?
なんてとこまでいけたら不安なんてないはず。
すでに自分で生きているはずだ。
そして、そんな生き方をしている人は、
すでにサラリーマンではない。

立派なビジネスマンだ♪

ちなみに、弊社の社員は、みな自分で生きていますよ!
というか、自分で生きていけない人は、入社を躊躇するから。  
Posted by 株式会社 アーカイブ at 11:42Comments(0)もろもろ・・・

2011年02月14日

政治より相撲より・・・というつぶやき

先日来、小向美奈子の報道ばかりなんだけど、
マスコミはどうしたんだろう?

民主党がピンチ!に陥ったと思ったら、
大相撲の八百長に救われ、
相撲協会がピンチ!に陥ったと思ったら、
小向美奈子に救われた?

小向美奈子が覚せい剤やったのかどうかとか、
逮捕状が出たとか、
そんなに関心あることなのだろうか?
酒井法子級のタレントなら分かるけど。
ワイドショーレベルならともかく、
ニュース番組で取り上げるほど?

そんなにどうでもいいことを報道して、
肝心のネタのすり替えをしないとならないのだろうか?

黒い影がマスコミを覆っている感じがしてならない。

エジプトのように、日本でも暴動が起きてもおかしくないと思うのだけど。

経済が落ち込むようなことにはなって欲しくないけどさ。  
Posted by 株式会社 アーカイブ at 00:06Comments(1)もろもろ・・・

2011年02月11日

サラリーマン・・・その2

会社の将来に不安を感じたり、
精神的・時間的なゆとりを求めたり、
ってことが悪いわけではないよ?
そういうのは、いつだって、誰にもあるもんさ。

問題は、その解決を、会社に求めるものではないだろ?
ということ。
今いる会社に求められないものを、次の会社で求めるのか?
世の中、そんなに甘くはないと思うよ。

ちょっと言葉を変えて、
「自分の将来に不安を感じた」というのなら、
転職をしたって良い。
僕だって自分の将来は不安だし、
そう毎日感じている人生だった。
転職も、3回したしね。
回数が増えると、甲斐性がないとも思われるみたい、気にしないけど。
そして、その不安を解消するために、努力してきたつもり。
転職をする決断をしたってことは、
自分のやりたいことが明確になったんだろ?
それなら、誰に止められたって、振り切ってでも押し通さないと
後で後悔する。自分の人生なんだから。

会社は、生産性をあげるための教育はしても、
その人の将来を見越した教育はしない。
なぜなら、無駄だから。
詳しく言えば、無駄になることが多いから。
与えられた教育(研修)では意味がない。
親にお金を出してもらって通った大学生と
自分で授業料を稼ぎながら通った大学生では、
授業(講義)での真剣さが違うのと一緒。
そして、教育したって、転職されたら全くの意味がなくなる。
だから教育はしたくない。
もちろん、上場会社は、教育に熱心ではある。
転職されると思ってないからね。

そんな不安の解消方法は・・・もちろん、ある。

つづく・・・  
Posted by 株式会社 アーカイブ at 00:19Comments(0)もろもろ・・・

2011年02月10日

サラリーマン・・・その1

R25より
-----------------------
「会社の将来に不安を感じて」
「精神的・時間的なゆとりを求めて」

という理由で転職する人が増えている。

ということで、

「年収アップ」や「キャリアアップ」

という理由で転職する人が減っている。

お金より自由な時間を求め、
安定志向で出世やキャリアアップにガツガツしない。
そんな現代の若者像は転職の動機にも反映されている模様。
仕事そのものより「働きやすさ」を重視する人が増えている傾向もみられる。
-----------------------

こんな状況を、ゆとり世代だから、の一言で片付けるのは簡単だ。
それはちょっと違うのではないか?と思っている。
その理由はおいて置いて。。。

みんな、なんで会社に安定を求めるんだ?
会社なんて、上場会社だって倒産の可能性がある。
今は知らないこの日本のどこかで、
終身雇用を約束している会社でも探したいのか?

数年前なら、JALに入れるなら入りたいって思ってたろ?
偶然にも面接で振り落とされて、かえってラッキーだったと
思っているの、いるだろ?
今は辛い時期かもしれないけど、
これを乗り越えたら、また就職したい会社ランキングに名を連ねるだろう。
もっともっといい会社になって。

また、ついこの間まで、
人よりも責任ある仕事を任せられたら、
それなりの報酬をもらうべきと思っていなかったか?

もちろん、
会社だって終身雇用となるよう、がんばっているに違いない。
一人ひとり、きちんと査定して、誰もが納得する給与を払いたい、
と思っている。・・・に違いない?

ま、人それぞれ、環境が変われば考えも変わったっていい。
でも環境が変わったことで、その都度、自分の考えの軸を変えていたら
魅力的な人間じゃ~ないな、きっと。

リーマンだかなんだか知らないけど、不況を理由に会社の理念を変えていたら、
誰もその会社が魅力的だとは思わないだろ?
景気の良い時だけ良いこといって、それを反故にされたら。

「会社の将来に不安を感じて」?
「精神的・時間的なゆとりを求めて」?
なんでそんなサラリーマンになりたがっているんだ?

そういう理由しか浮かばないなら、
一生、サラリーマンをやるしかない。
一生、転職し続けるしかない。
一生、環境の所為にして自分が不幸だったとなげくしかない。

サラリーマンでいいのか?

・・・つづく

P.S.
PCがフリーズして、書き終えた文章が消えてしまった。
書き直したら内容が変わってしまった。
さっきの文章の方が良かった気がするけど、もう書けない。  
Posted by 株式会社 アーカイブ at 14:09Comments(0)もろもろ・・・

2011年02月08日

壊れる・・・

家の中のものがどんどん壊れていきます。
テレビは地デジ化だから仕方なく買ったにしても、
今年はエアコン買わないとならない。
と思っていたら、昨年はテレビのアンテナが転倒。
今年に入って、スカパーがまったく映らん。
仕方なく、CSチューナー付ブルーレイを購入し、
買ったらパラボラまで交換しなければならなかった。
お金はかからなかったけど、VOIPも交換してもらった。
ファンヒーターもそろそろ限界だ。
おそらく、洗濯機もそろそろご臨終。
冷蔵庫も逝ってしまうだろう。
なんとなく、PCも危うそうだ。
PCはそろそろメインPCを入れ換えたいのだけど、
サブマシンのXPが使えるうちは換えたくない。
つまり、メインのVISTAをサブにしたくない。。。
面倒だけど、一度XPを入れなおすかな~。
そして、とりあえず壊れていもいいマシンでも作るか・・。
折角無線LANで通信できるのだから、
デスクトップも無線にしようかな~。
とかなんとか考えたら、お金がかかって仕方ない。
やっぱり、動いている間はがんばってもらおう。
逝ってしまいそうな電化製品は、10年以上使ってるものだけど。

そんなにたくさんの時間が経ったんだな~としみじみ思う今日この頃。
人を取り巻く環境も、日々変わっていく。
変わっていくということは、何かが壊れていっているんだろうな~。
仲良かった人と連絡を取らなくなったり、
でも、新しい誰かと連絡を取り始めたり。
会社も同じ。
新しい誰かと連絡を取り始める季節がやってきた感じです。

いざ求人♪  
Posted by 株式会社 アーカイブ at 23:48Comments(0)自分自身について