プロフィール
株式会社 アーカイブ
株式会社 アーカイブ
34歳で起業し、現在45歳。
おかげさまで11周年になりました。
12期目に突入!!
社員みんなで楽しく盛り上げていければと考えてます。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人

2011年06月22日

消費税とか住民税とか固定資産税とか・・・

IMFの提言もあったことだし、
震災の影響もあるし、
今回は間違いなく消費税アップだな。
3%→5%、そして10%だな、きっと。
7~8%にしてしまうと、10%にするのは厳しいだろうからね~。

それに、復興のための増税って言われたら、
誰も反対できないよね~。

それはそうと、
本日住民税を納付してきましたよ。
で思ったんだけど、これって昨年度の収入で決まっているんだよね。
ということは、被災者も請求されているんだよね、きっと。
特別に免税とかされるのかな?
それはそれで、収入がなくなってしまう自治体は厳しいね~。

でさらに思うんだけど、
住めなくなってしまった土地や壊れてしまった建物の固定資産税って
請求されているけど、支払わなかったらどうなるんだろう?
住めないし、建てるなといわれているし、評価なんて滅茶苦茶だろうにね。
そもそも、現金で所有している分には非課税なのに、
不動産を購入した瞬間から固定資産税を取られるってのは、
変な課税だと思うのは気のせいだろうか?
不動産を取得するだけで課税されているのに・・・だ!

昔は物品税なるものがあった。
レコードはいくら、
宝飾品はいくら、
などなど。
贅沢といわれるものに、税金がかかったものだ。
それはそれで、果てしなく面倒な処理なのだけど、
今では食べ物にまで消費税がかかるけど、ある意味単純になった。

いっそのこと、すべての税金を一本化して、
消費税オンリーにしてしまったらどうだろう?
健康保険も国民年金もすべて税金という名目の一本化で。  
Posted by 株式会社 アーカイブ at 13:19Comments(0)もろもろ・・・

2011年06月08日

定年

定年

厚生労働省は7日、希望者は例外なく65歳まで雇用を
継続するよう企業に義務付ける内容の報告書をまとめた。
厚生年金の支給開始年齢が引き上げられる2013年度までに法改正し、
継続雇用制度を強化する。

ってことらしい。
簡単に言えば、65歳まで会社で面倒見ないとダメだよ。
年金支給は65歳からなんだからさ。
ってことだね。

厚生労働省はアホだな。

弊社には、定年って文言は、就業規則に書いてない。
創業当時から、定年は考えてない。
そもそも定年って何だ?

僕の解釈では、
会社が解雇するにあたり、一番都合の良い文句が
「年齢」だったんだと思う。
体力、知力、精神力、渉外力などなど、
人それぞれが同じではないのに、定年という年齢ひとくくりで
対応できるものではない。

僕は、65歳まで働くことに異論を唱えているのではない。
定年という年齢を明示することに違和感があるし、
今までだって、60歳を過ぎたって企業が必要としている人は
継続雇用されてきた。
厚生労働省は、企業が必要としない人も、継続雇用できるように
しようとしている。
それは、経済にとって良いことだろうか?
年金問題を、定年の枠の問題にすり替えているだけでしょ?


そんなことより、大事なことがある。

解雇の自由化

誰もが、マジで働き始める。
今のままだと、制度にぶら下がる人間ばかりを生む。

生かされているのではなく、

自分で生きる

ってベクトルになって欲しいものだ。  
Posted by 株式会社 アーカイブ at 09:39Comments(0)もろもろ・・・