プロフィール
株式会社 アーカイブ
株式会社 アーカイブ
34歳で起業し、現在45歳。
おかげさまで11周年になりました。
12期目に突入!!
社員みんなで楽しく盛り上げていければと考えてます。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人

2011年07月13日

技術を売る!!

ちょうど、1年前くらいかな~?
これからの日本は技術を海外に売っていくしかない!
とか、
売っていくべきだ!
という論調が流行った?時期があった。
僕はNoを言い続けていたんだけど、
今はどうだろう?
まったく聞かなくなった。

先日、アメリカの新幹線計画で、
中国が名乗りをあげているというニュースがあった。
新幹線の技術提供をした日本は、
中国国内でのみという条件で提供したにもかかわらず、
中国のオリジナル技術として提案しているらしい。
オリジナルの部分もあるんだろうけど、
こういうことをされちゃうと、技術を海外に売る、なんて
全く出来なくなる。

ま、そもそも中国人は裏切り体質だと思っているので、
さらさら信用していない。
信用した人が悪いとしか言いようがない。
あれほどコピーが大好きな人たちだ。
違法なんてヘッチャラの人たちなんだ。
新幹線は、日本で作って持っていくべきだったね。
ま、それでは提案が通らなかったのだろうけど。


そういうこととは別に、日本の技術が中国に流れている。
本当の職人さんたちだ。

弊社はソフトウェア開発会社ではあるけど、
ソフトウェア開発会社に技術があるか?と言われると、
僕はすべての会社に技術はない、と思っている。
開発したソフトウェア資産はもちろんあるので、
それを技術だというのならあることになるのだけど、
ソフトウェアのソースコードを販売するわけではない。

では、ソースコードこそが技術か?と言われると、
やっぱりNoだと思う。
そもそも、そのソースになった過程が重要だからだ。
そして、その過程に至った技術要素は、すべて技術者の
頭の中にある。
だから、取り出せない。
もし、ある技術者の知識を売るというなら、
人ごと売らないとならないのだ。
人身倍売買は出来ないから、結局、優秀な技術者、
欲しい技術者は中国が高いお金払ってでも雇用したくなる。
日本では雇用してもらえない人たちが雇用してもらえる。
絶対行くでしょう・・・中国に。


技術大国中国に劣る日本とならないように、
これからの日本の技術の進歩を大いに期待したい!  
Posted by 株式会社 アーカイブ at 08:55Comments(0)もろもろ・・・