プロフィール
株式会社 アーカイブ
株式会社 アーカイブ
34歳で起業し、現在47歳。
おかげさまで12周年になりました。
13期目に突入!!
社員みんなで楽しく盛り上げていければと考えてます。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人

2018年01月19日

誰が会社を殺すのか?

野呂 エイシロウさんの記事です。
大学院で講義を聞いたのが懐かしいですね。

駄目な経営者と危険な社風「7つの兆候」
という記事がフォーブスに上がっていたので、
弊社の確認をしてみましょう。

1. 経営者が景気の話をする

・・・これ、やっちゃってます。
が、大体は、今は絶好調に景気がいい!
って話なので、書いてある内容とは真逆ですね。
景気が悪いという話は、あまりしないですね。

原因を外部要因に求める駄目経営者が多いと書いてあるけど、
僕の感覚では、賞与を払いたくないから、
景気が悪いと言って出し渋る経営者が多い、
という認識です。
中小企業の場合、
決算書を従業員に見せることなんて無いだろうから、
従業員は会社の経営実態なんてわからないのにね。


2. 自分の会社よりも他社の事柄に口を出す

「優れた経営者」の知識は知っていて、
それが自らの実践として実際には伴っていないということらしいですが、
僕は他社のことは気にしてないな~。
上場企業の動向ですら興味ない。
新聞も、そんなことを気にして読んだことない。


3. 経営者が自分よりも優れた能力を持った人間を雇わない

弊社の社員は、みな僕より優秀です。


4. 管理職が多く実行部隊が少ない会社

管理職どころか、エンジニア以外は営業も事務も僕しかいない。
エンジニアの管理職はない。
つまり管理職も僕だけ。
よく、それでは大変でしょう?と言われるけど、
他社の営業と事務がどれだけ大変なのか、見てみたい!
きっと無駄が多いと思ってる。


5. お茶を出す部下がいる

来客には、僕がお茶出してます。
だって、一人だから。。。

6. 部下が会議で何も言わない会社

2年に一度くらいしかやらないけど、
みんな意見を言ってくれていますね。

7. うちの会社は馬鹿ばっかりだからという経営者

上でも言いましたが、全員僕より優秀です。
社員が、うちの社長はバカなんで。。。
って言ってたらどうしよう。。。
と思うくらいです。

危険な社風はなさそうで、安心しました♪  
Posted by 株式会社 アーカイブ at 09:26Comments(0)自分自身について

2018年01月15日

挫折

僕は何度か挫折したことがあります。
きっと、アーカイブの社員のみんなも、挫折を経験しているからこそ、
アーカイブに入社してくれたと思ってます。
挫折してなかったら、始めに就職した会社に今でもいるはずだからです。

大学卒業して社会人になり、挫折とはいかないまでも、
初志貫徹出来ないような、モチベーション駄々下がりの事態になったりすることは、
よくあることではないでしょうか。

入る前と入ってからでは、会社のイメージが変わるものです。
そこで、戸惑うこともあるでしょう。
僕は今まで3社の社員を経験していて、全てで愛社精神はあったつもりですが、
人生を全うするまで働き続ける選択はしませんでした。気持ちの上で、
どこかで挫折していたんだと思います。

アーカイブの社員のみんなには、これからは挫折してもらいたくないですね。
そういう仕組みにしているつもりですが、これからの世の中、
どうなるかわかりませんから、経営の舵取りも重要だと考えています。

まずは、笑って、創業20周年を迎えたいですね♪  
Posted by 株式会社 アーカイブ at 18:25Comments(0)会社のこと自分自身について

2018年01月12日

2018年 明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。
っていうか、遅いですね。

本年もよろしくお願いいたします。

新年早々ですが、
はれのひって着物レンタル会社は、酷すぎますね。
ありえなさ過ぎて、怒りが沸き起こります。
ここまで騒ぎになってしまったので、
詐欺事件になるでしょうね。
取り込み詐欺?ってやつです。
潰れるのわかってて、契約するのは詐欺なんですよ。
たった数万円の詐欺かもしれないけど、
弱者を泣かすと、簡単に倒産もできないのです。

弊社の場合、
社員を泣かしたら、みんな退職してしまいますね。
当然、その瞬間から、倒産へのカウントダウンが
始まってしまうのです。
なので、泣かせる意味が全くありません。

ここ5年、離職率は0%ですが、
創業から今までの13年を振り返ってみると、
離職率が毎年10%になっていただけで
弊社の場合、苦しい経営を強いられていて、
今なら不採用にしている人も、
積極採用しなければならない状況だったかもしれません。

当然ですが、今いるメンバーとは、ガラッと変わっていたでしょう。

そんな大切な社員を、もっと大切にしていかなければなりません。
何らかの社員特典を増やしていくことをいつも考えてはおりますが、
今年(来年度)からは、社員の扶養家族(奥様)の
健康診断を行うことにしました。
内容は社員とまったく同じ内容です。
社員の健康も大事ですが、奥様の健康も大事にしなければなりません。
奥様が病気になってしまったら、社員も勤務に支障が出るからです。

今年も、良い年でありますように、
皆さまの健康とご多幸をお祈りしております。
アーカイブといたしましては、
良い出会いがございますように♪  
Posted by 株式会社 アーカイブ at 10:59Comments(0)☆社員のためのしくみ☆