プロフィール
株式会社 アーカイブ
株式会社 アーカイブ
34歳で起業し、現在47歳。
おかげさまで13年周年になりました。
14期目に突入!!
社員みんなで楽しく盛り上げていければと考えてます。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人

2018年09月27日

退学という選択肢

「大卒」になれなかった人たちの就活リアル
https://toyokeizai.net/articles/-/239493
・・・東洋経済

20年前になりますかね、
とあるところで知り合った人に出身大学を聞かれ、
答えたことろ、
「俺、その大学を1年で退学しているんだよね」
と返された。
彼(僕より1周りくらい年上)は先輩だったのです。

彼は、親の援助が受けられず、大学を中退するしか
選択は無かったのだそうです。
その後、スキー場で住み込みアルバイトを行い、
そこで出会った人達と沖縄に渡り、
海の家のアルバイトを行うことに。
その後、ハワイに渡ったり、サーフィンで全日本6位になったりと
色々なことを経験した彼ですが、
知り合った時には数店舗の飲食店を経営する経営者でした。

「俺、大学卒業したかったな・・・。」と彼はポツリ。
成功している人でも、過去の後悔はなかなか消えないものなのか、
と思いました。
それだけに、「行けるのに学校行かない奴はむかつく!」と、
彼の採用にも影響するのが退学という選択なのです。

退学者を救済できる世の中でないとダメだと思います。
しかしながら、生きること自体大変なのですから、
甘えて生きていくことを選択してしまう若者に
明るい未来は待っていないと思います。

自分を支えてくれるのは、最終的に自分だけですからね。。。  
Posted by 株式会社 アーカイブ at 19:55Comments(0)もろもろ・・・